足の臭い対策で重曹って本当に効果はある?スプレーでサッとケアするだけにおいが取れるの?

記事執筆者:太郎

記事執筆者:太郎
先祖代々続くワキガ家系に生まれ先日『腋窩多汗症・腋臭』と診断されたワキガサラブレッドの太郎です。今回は足の匂い対策で効果があるといわれる重曹について

足のニオイ対策を調べると必ずと言っていい程、目にするのが「重曹」です。

「重曹・・・?」

主婦の方以外は殆ど馴染みが無いのではないでしょうか?

男性の方なら尚更でしょう。

正直、私もつい最近初めて購入しました。

最初は「こんな粉で大丈夫なの?」と半信半疑でしたが、実際に使用して効果があったので、重曹について色々と調べてみました。

これから重曹の性質からニオイ対策になる理由とオススメ使用方法まで全て紹介します。

足のニオイ対策に重曹の可能性を探る!嫌なニオイ成分はあの食べ物と一緒だった!?

足から漂う嫌な臭い。

それは靴や靴下で足が蒸される事により、汗や角質を雑菌が分解してニオイ物質を生成している事が原因です。

そのニオイ物質を「イソ吉草酸(イソキッソウサン)」といいます。

このイソ吉草酸は、におう食べ物でお馴染みの納豆にも含まれる成分だというから驚きです。

それは足も臭くなるわけですよね。

しかもイソ吉草酸の特徴として、非常に落ちにくいニオイ物質であるという事です。

その為、足や靴下、靴などに臭いニオイが定着します。かなり厄介なニオイ物質ですが、このイソ吉草酸には「重曹」が効果的です。

皆さん重曹はご存知ですか?

洗濯や掃除などで大活躍するあの白い粉末状の粉です。聞いたことはあるけど、実際に使った事は無いという人もいると思います。

重曹は正式名称を「炭酸水素ナトリウム」といいます。

理科の授業を想像させる名前ですね。この重曹は先述した通り、洗濯や掃除などに使用されますが、実は足の脱臭効果もあります。

重曹とイソ吉草酸の相性を性質から考えてみよう!

理科の授業続きます。

太郎の嫁

太郎の嫁
いやいや!早く本題に入って!マジで

今度は今までお話してきた「イソ吉草酸」と「重曹」の性質について考えましょう。

足の臭いニオイの原因物質であるイソ吉草酸は「弱酸性」です。対して掃除などで使用する重曹は「弱アルカリ性」です。

アルカリ性のものは酸を中和します。すなわち、重曹はニオイ物質であるイソ吉草酸を中和してくれるのです。

ではどのようにして重曹を使えばいいのでしょうか?これから重曹の使用方法を紹介します。

臭い足のニオイには重曹スプレーが効果的面!重曹スプレーの作り方と使用方法!

まずは重曹スプレーのレシピです。

ここで使用する重曹は必ず「食用」もしくは「薬用」の物を使用し、絶対に「掃除用(工業用)」の物は使用しないで下さい。

  1. 100円均一などでスプレーボトルを購入し、重曹を小さじ1入れます
  2. 水150mlを入れます
  3. ボトルを閉めて良く振り、重曹をしっかり溶かしましょう

軽く振るだけだと重曹が溶けきれず、スプレー部分が詰まってしまうのでしっかり溶かして下さい。

以上で重曹スプレー完成です。

簡単に作れて比較的長持ち(2週間程度)しますので是非作ってみましょう。

重曹スプレーが出来たら、次は使用方法です。

直接足にシュシュっと吹きかけるだけです。

ただし、これだけではありません。

太郎

太郎
私がオススメする使用方法は洗濯後の靴下に直接スプレーし、一晩乾かす方法

この方法であれば肌への負担も無く、靴下に定着しているイソ吉草酸に効果があります。さらに靴にも重曹を使用しましょう。

靴には重曹スプレーは使用しません。こちらには直接重曹を入れます。

使い古した靴下や、ストッキングの中に重曹1/2カップ入れます。重曹が出ないように口をしっかり縛ってそのまま靴に入れます。

重曹の消臭効果、除湿効果によって靴のニオイを効果的に抑制します。

このように重曹は足だけでなく、靴や、靴下、衣類にまで使用出来る優れた消臭アイテムである事がわかります。

重曹の足湯で消臭&血行促進!

その他の使用方法として重曹を使って足湯をしましょう。

重曹の足湯は足のニオイを消すだけでなく、血行促進の効果も重曹にはあります。

血行不良を起こしている足は、菌などに対しても抵抗力が低下している為、雑菌の繁殖を抑えられなくなっています。

足湯は足に血液が集まりやすく、集中的且つ効率良く血行促進の効果があります。

そして血行不良で溜まった毒素を湯に排出し、健康的な足を作ります。

重曹の足湯は簡単に作れます。重曹足湯のレシピはこちら

洗面器に1リットルのお湯を入れ、重曹を大匙1杯入れ溶かして完成

約10分から15分足をお湯につける事によって足のニオイの元であるイソ吉草酸を中和します。

また、重曹自体のスクラブ効果に加え、弱アルカリ性の性質から足に付着している古い角質や余分な皮脂を柔らかくして落としやすい状態にしてくれます。

その為、足のニオイの原因となる汚れの除去だけでなく、肌をスベスベにする効果もあります。

しかし残念な事に重曹には殺菌効果がありません。足湯の後は殺菌作用のある石鹸で足を洗いましょう。

更にミョウバンスプレーを吹きかける事によって雑菌の繁殖を抑える事が出来ます。

足の消臭に血行促進も出来るまさに一石二鳥の重曹足湯。オススメです。

 

重曹に並ぶ消臭アイテムの鉄板!ミョウバンスプレーの作り方と使用方法!

ミョウバンスプレーの話も出たのでこちらの特徴と作り方もご紹介します。足に直接スプレーするなら、ミョウバンもオススメです。

重曹は弱アルカリ性ですが、ミョウバンは弱酸性です。

ドラッグストアで弱酸性を謳うスキンケア商品などをよく見かけませんか?

ハンドソープやボディソープ。テレビのコマーシャルでもやっていますよね。

人間の肌は弱酸性です。

肌が弱酸性の状態であると、外部からの刺激や雑菌の繁殖を抑制する働きをします。

その為、弱酸性のミョウバンは人間の肌と相性がいいとされています。

ミョウバンスプレーの原液作成のレシピはコチラ。

  1. 500ml容器のペットボトルに焼きミョウバン15gを入れます
  2. 水500mlを入れます
  3. ペットボトルの蓋を閉めて良く振り、ミョウバンをしっかり溶かしましょう

重曹スプレーと違い、まずミョウバン水の原液を作り、それを水で割ってミョウバンスプレーを作ります。

始めにミョウバン水の原液を500ml作ります。

材料のミョウバンは焼きミョウバンを使用します。

スーパーで安く購入できます。

ミョウバンが溶け辛い場合は、しばらく置いてからもう一度よく振って溶かして下さい。

以上でミョウバン水の原液が完成です。

この原液は冷蔵庫で1ヶ月程保存可能ですが、ペットボトルにミョウバンなど書くようにして誤飲防止を徹底して下さい。

小さいお子さんがいるご家庭は特に注意が必要です。

ミョウバンの原液が出来ましたらミョウバンスプレーを作ります。

ミョウバンスプレーの作り方

  1. スプレーボトルにミョウバンの原液10mlを入れます
  2. 水100mlを入れます
  3. ボトルを閉めて軽く振ります

ミョウバンスプレーの完成です。

ミョウバンスプレーを作る際、原液を10倍の水で割るのがポイントです。

200mlのミョウバンスプレーを作る場合、原液20ml、水200mlという割合です。

ミョウバン水には「殺菌」「消臭」「制汗」と、足のニオイ対策の三拍子が揃っています。

それでいて肌に優しい弱酸性です。

足だけでなく、体臭対策にも使えるので1本作っておくととても便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

重曹は足のニオイ物質であるイソ吉草酸に効果的である事がわかって頂けたかと思います。

同じ消臭アイテムでお馴染みのミョウバンとも相性が良く

  1. 重曹の足湯でニオイの元であるイソ吉草酸を中和
  2. 殺菌作用のある石鹸で足を洗って雑菌を退治
  3. ミョウバンスプレーで雑菌の繁殖を防ぐ

この順番でケアする事により足のニオイは大きく改善されます。

今回紹介した重曹スプレーとミョウバンスプレーは安く材料が揃えられ、保存も可能なので長期的にニオイ対策が出来ます。

「持ち歩きたいけどスプレーボトルじゃちょっと大きいな・・・。」

携帯するのであれば、香水を入れるアトマイザーがオススメです。

バッグどころかスーツのポケットにもスッポリ入るサイズなのでトイレの個室などでこっそりケア出来ます。

見た目もオシャレな物が多いので、消臭スプレーには見えません。

是非作ってみて下さいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

首周りの臭いや黄ばみは汗が原因?ニオイの対策と解決方法

ワキガの臭いニオイを少しで軽く抑える為に実践したい食事療法

俺の足のニオイが異常に臭すぎてビビる!匂いの原因を把握し適切な対策を取ろう

顔が脂臭くて本当にイヤ!匂い発生の原因と解決方法をご紹介

脇汗がバレない目立たない!急な脇汗でも大丈夫な洋服選びとお洒落の仕方

鼻の横をこすると臭い!その理由と原因を紹介するから直ちにニオイを消すべし